[2017年7月11日] Tenzin Choegyal x 寺原太郎

その圧倒的な歌声はヒマラヤを越えて還れない故郷へ
届けと響く

Tenzin Choegyal x 寺原太郎 沖縄初公演2017

7/11(火)
18:00開場/20:00開演
【予約】2500円
【当日】3000円 +1ドリンクオーダー
※70歳以上/中学生以下無料


Tenzin Choegyal
ドラニェン、リンブー、うた (チベットの三弦楽器、笛)

チベットとネパールの国境の国、ムスタン出身。子供の頃に父親を亡くし、母親、兄弟とともにヒマラヤの麓、 ダラムサラ(インド)に移住。16年前よりオーストラリアに拠点を移し音楽活動を始める。

2001年、ダライ・ラマ14世が提唱した「世界聖なる音楽祭2001」(インド・バンガロール)に出演。その後も オーストラリア・ニュ−ジーランドで開催される文化イベント・コンサ−ト及びミュ−ジックフェスティバル に多数出演。ニューヨークのカーネギーホールで開催されている Tibet’s houses benefit annual concert には5年前よりほぼ毎年出演。昨年はパティ・スミス、フィリップ・グラスととともに来日、 すみだトリフォニーでコンサートを行い1300人の観衆を魅了した。地元オーストラリア では2009年より Brisbane Festival of Tibet、ヒマラヤ映画祭、シドニーのオペラハウス でのWomen with Wisdom concert series を主催。ヒマラヤの山々に響きわたるような 圧倒的な歌声は、チベット人シンガーの中でも抜きん出ている。

http://www.tenzinchoegyal.com


寺原 太郎
バーンスリー (インドの横笛)奏者

北インド古典音楽バーンスリー奏者。92年より中川博志氏に、96年よりH.アミット・ロイ氏に師事。 06年より継続的にオーストラリア最大のWoodford folk festivalに出演、テンジン氏と親交を深める。 07年坂本龍一プロデュース「ロハス・クラシックコンサート」出演。 映画「るろうに剣心」(2012、2014)、スーパー歌舞伎II「ワンピース」(2015)で挿入曲を演奏。 テンジン・チョーギャルのCDにも数多く参加、Duo CD に「Snow Lion」がある。

http://srgmtaro.jimdo.com

Posted in ライブ・イベント情報.